左は6個198円のどら焼き、右は1個130円のどら焼き(さつまいも餡)。


左が1個30円、右が1個130円。4倍からの値段の差がある。個別に入れてある袋がまず違う。しかし、包装フィルムは食べることは出来ないから問題とはならない。


袋から出してみると大きさが違う。


入っている餡の量が違う。食べてみると、30円の方は弾力性があり、130円の方は食感が柔らかくふわふわしている。この違いは添加物の差にあるようである。30円のどら焼きの方が添加物は殆ど無い。

結論から言うと、値段の差は、大きさと包装フィルムとあんこの差である。安いからと言ってまずいと決めつけてはならない。安くて昔ながらのどら焼きは、なんの遜色もない。