ハロウィンに飾ったミニかぼちゃを料理することにした。


ボク「ハロウィンも終わったからこの南瓜を食べようよ、ママ。」
ママ「去年のミニかぼちゃはまずかったわね。普通は食べられないものなのよ。」


ママ「このミニかぼちゃは、北海道産でレンジでチンして食べられるんだよ。」


ボク「美味しいのかな。」


ママ「これは小さくても親かぼちゃと同じなんよ。犬で言うならチワワみたいなものよ。」


ボク「ママみたいだね。小さい大人のガイコツさんだね。」


ママ「ただ、かぼちゃをレンジでチンしたことがないので、ちょっと心配。」


ボク「タマゴみたいに爆発したら怖いね。やっぱりハロウィンのかぼちゃは最後まで怖っ。」


ママ「ネットで調べたら、ラップで包んでレンチンすれば良いと書かれていたわ。誰も爆発したなんて書いている人はいなかったから大丈夫だと思うわ。」


このハロウィンミニかぼちゃは、1個198円(税抜き)。高っ!


スマホと比べてもこの通り。直径15センチ弱である。


ブラシでよく洗う。皮に栄養がある。


ラップで巻く。爆発しないようにラップの端は上にしておく。


あたための「中」でオートにセットにする。


フォークの先がすっと入ったら火が通っていると見なすことにした。


かぼちゃを蓋と身に分ける。


中に、昨日の濃厚エビ味シチューを入れる。絵になる。


食べる直前にもう一度レンジに入れてチンをする。スプーンで掬っていただく。美味也。