近頃増えたブルーの「100円~自販機」横にはだいたいブルーの2つ目ゴミ箱さんが突っ立っている。


そして、このブルーの2つ目ゴミ箱さんのほとんどには、鼻のあたりに穴が空いていて紐が通っている。


このゴミ箱さんは横から見ても分かるように、ご丁寧にも2本の紐で上下をつないでいる。殆どの場合、紐は1本である。どうしてここは2本なのであろうか。その差がわからない。謎である。


風に吹かれて蓋が飛んでいくのを防いでいるのか。それとも、誰かが蓋を開けてアルミ缶やペットボトルを持っていく時に、蓋を放ってしまうからなのか。まさか、蓋を持っていってしまう人がいるからか。このゴミ箱さんに限っては持って行かれることはなさそうである。


同じくブルーのゴミ箱さん。


蓋は1箇所で止められているが、下の部分も横の自販機に止められている。やはり、いろんなトラブルが有るようだ。


これは一箇所で留められているが4箇所で留めて鍵をかけてあるところもある。


このブルーの自販機とゴミ箱さんは、本体と自販機は固定されていない。


ゴミ箱の中は一緒なのにわざわざ右と左に分けて2つ目になっているのはゴミの分別意識を持ってもらうためで、更には、缶とペットボトル以外のゴミを捨てないように注意を喚起するためだそうである。


きっと場所によっては、ゴミ箱さんの扱いがピンからキリまであるのだろう。先日なんかはワンちゃんが片足を上げて用を足していた。可愛そうなゴミ箱さん、マーキングされたらもうオシマイだ。


これは、駅の近くの自販機のゴミ箱さんである。人の往来が激しいので、トラブルも多いのであろう。


上下ともに固定されてある。


これならば、風邪にも飛ばされないだろうし、蹴飛ばされても転がってはいかない。


ゴミ箱の中のごみ処理は、思いの外大変だそうである。皆んな丁寧にゴミ箱さんを使ってあげよう。一般ごみを入れると不法投棄になるそうである。


頑丈に設置してあるので、地震にも台風にも被害はなかったようである。自販機脇のゴミ箱さんの写真ばかりを撮っていると、なぜここのゴミ箱さんはこうなのかと疑問に思うことが多々ある。

近所のタバコ屋さんは、夜になると自販機のゴミ箱さんを家の中に入れる。一体、夜に何が起こったのだろうか。