年末にあちこちで売られていたビックリあまおう。普通の大きさの3倍から4倍ぐらいはある。


博多あまおうは、あまおうの本場。あまおう自体が大粒なのは知っていたが、こんなに大きいと別のフルーツのような気がしてくる。


あまおうは大粒で糖度が高いというので有名であるが、こんなに大きいのなら糖度も高いのかと期待してしまう。


大、中、小のあまおう。鮮やな赤い部分ばかりで青っぽい部分がない。


スマホを横に置いてみると大きさがよく分かる。


これだけで980円。ちょっと高いかなとも思ったけれどお正月用にと思って買う。


一番大きなものは人の手のひらぐらいはある。


表がわ。


裏側にも葉っぱが付いている。


重さは一つで111グラム。普通の20グラムぐらいのあまおうの約5倍。


葉っぱが中の方まで食い込んでいるので半分に切る。


葉っぱをむしろうとしたが硬いので包丁で切り取る。


中の方まで真っ赤である。では、いただきますで、試食・・・いつものあまおうよりも甘くない。酸っぱくてちょっと硬い。
普通サイズのあまおうのほうが美味しかった。イカでも巨大イカは美味しくないし、人間でも大きく育ちすぎると可愛げがない。

巨大なジャンボイチゴはそれほど美味しくなかった。たまたま私の買った巨大苺だけが酸っぱいのかもしれないが、今年は酸っぱいことが新年から多い。ビタミンCとクエン酸が多い年になりそう。健康的で良さそうと自分を慰める。