『「すしざんまい」が毎年恒例の本マグロの初競りで史上最高額の3億3360万円で落札』というニュースに端っこのしっぽでもちょっと味見してみたいものだと思いつつ買い物へ行く。スーパーで見つけたカジキマグロのしっぽの輪切り。もちろん即購入。


カジキマグロはマグロではない。品種が違うのである。マグロはスズキ目サバ科マグロ属、カジキマグロはスズキ目マカジキ科とメカジキ科。


ど真ん中に白くて丸い背骨。直径3センチぐらいだから、こんな太い骨の断面を見たのは初めてである。


ヒレを動かす筋肉の断面も見える。


筋肉の付き方が少し違うが、どちらが腹側かよくわからない。


なんてきれいな断面かと見ていて飽きない。


塩コショウして焼くことにする。


ちょっと焼きすぎたかな。オーブンの中で火がついて燃え上がってしまったのである。


背骨は焼くとこんな風になった。


箸で身をむしるとホックリとれる。


食べてみると美味しいの一言に尽きる。コクのある白身で結構柔らかい。


油もそこそこ乗っていてこんなに美味しいとは思わなかった。しっぽだから細かい骨もなく食べやすい。大きな魚のしっぽは絶対美味しい。

卸売場のでっかいマグロの尻尾は切ってあるが、あの尻尾は一体どうなっているのか気になって検索してみた。

油ののり具合を見るために仲卸でしっぽを切って断面を見るそうでその後は捨てていたようであるが、今ではステーキにして特別料理にしているという。きっと私がしたように輪切りにしてフライパンかオーブンで塩コショウして焼いているんだと思う。

あちこちの魚屋やスーパーの魚コーナーで常に目を光らせていないと見落としてしまいそうである。