今年はいのしし年なので家のあちこちからイノシシと名の付くものを引っ張り出してきた。その中にこの可愛いイノシシのぬいぐるみがあった。


このイノシシ、かなりよく出来ている。去年の暮に、アチコチのお店でイノシシグッズを見て回ったが、こんなに手の込んだイノシシは見当たらなかった。


顔の部分だけでも6枚の布を縫い合わせている。


背中の縦模様はプリントではないのに感心してしまった。


手も耳も型紙を変え布を変え何工程もかけて丁寧な作り。見ているうちに、これはホームドクターの女医さんから頂いたものだと思いだした。医者って金持ちなのだ。


で、お腹の白い部分をよく見たら、バックスキンで出来ているではないか。マイクロファイバーのメガネ拭きが出来る前は鹿革のバックスキンが使われていた。


このイノシシのお腹の大きさから言うとこれは、PCの画面や携帯の液晶画面を拭くものなのだ。何と12年ぶりにやっとこのイノシシの使いみちを発見したのである。お待たせしましたイノシシさん。