近頃本当に疑り深くなってしまった。知らない人を見るとなにか怪しく思えて仕方ない。


先日もインターホンが鳴るのでモニターを見てみたら、サラリーマン風の三〇代ぐらいの男性が、「ちょっと玄関口までお願いします。」という。何の用かと訊いても、「説明しますので玄関まで」という。実に怪しい。押し売りか、N社の回しものかと疑う。

何の用かと繰り返すと、「警察です。」と言って、警察手帳を見せる。えっと思って下へ降りてドアチェーンをかけたままそっと覗く。警察手帳を見せて「怪しいものではありません。〇〇警察から来ました。」という。

しかし、警察手帳が真っさらで、新品である。「一体どうしてあなたが本物か私に判断できるのか。」というと、名刺を出して「この電話番号にかけて確かめてほしい」と答える。

 

その名刺を見ると、なにかキャラクターらしきカラフルなマークが付いている。一瞬、「うそっ!」と思ったけれど、警察をかたって騙すのなら、もっと本当らしい名刺を出すはずだと思う。それで一応信じることにしたが、その名刺の電話番号に電話をかけても仲間が出るということもある。後で思ったのだが、110番にかけて確かめるのが一番だと思った。

なにの用かと思ったら、自宅前に設置してある防犯カメラのことで、「4月1日にこの通りを指名手配犯が通ったという通報があったので、防犯カメラを設置している家を回っている。お宅は何台も付けておられるのできっと写っているんではないか。」ということだった。

しかし、このカメラは、4月11日に日新プランニングの怖いおじさんが来てから慌てて取り付けたものである。刑事さんは、それを聴くと残念そうに帰っていったが、帰り際に「あなたのように用心深いことはいいことである。」と褒めていただいた。

後で、もらった名刺を検索すると、その住所には、なんと兵庫県警の科捜研のある場所であった。更に調べてみると科捜研の物理科では防犯カメラの解析などもやっているようであった。

破壊されたのでGIGAZINE倉庫につけていた名札を夜中にこそリト外しに来た人の防犯カメラの画像が残っている。この画像もその気にさえなれば、きっと顔も車のナンバーもはっきりするのだろう。私も一通り試みたたけれど後もう一息というところまでしかできなかったが

ほぼ見当ぐらいは付いた。大阪府警だってその気になればできるはずである。それとももうやっているのかな。

 

因みに、参考までに科捜研について警察のページから抜粋したものを上げておく。

【科学捜査研究所】
大学や大学院の専門分野で研鑽を積んだ研究職員で主に構成され、捜査部門からの依頼に基づいて各種鑑定を行う専門機関です。犯罪現場で採取された証拠物件を科学的に捜査することにより、犯罪を立証して捜査活動を支えています。
【物理科】
火災や交通・労災事故について、現場調査や再現実験などから事故状況の推定や原因の特定を行っています。また、各種機器に録音された音声の解析、防犯カメラなどに撮影された事件や事故の画像の解析、拳銃や弾丸の鑑定及び検査なども行っています。