ダイソーで売っているアクリル絵の具が布地に使えるのか試してみたい。
大きなチューブが何しろ100円だから安い。


少し出してみると結構柔らかいのでこのままだとシルクスクリーンには無理である。


濃い部分から薄く伸ばした部分まで作って1晩乾かす。


絵の具は裏まで通っていない。裏まで通ると実際に使う時は裏からのにじみが表に響くし、色落ちも激しいので使いにくい。


布用になるかどうかは、洗剤をつけてゴシゴシこすってみてニジミがなく色落ちがしないかをみる。
ダイソーのアクリルグアッシュは洗濯しても何の変化もないので布用として合格である。


シルクスクリーンで刷る場合は専用のバインダーお混ぜると使える。


トールペイント用のアクリル絵の具で、チューブ入りではなく樹脂の瓶に入っている絵の具があるが、これは色数も多いので便利である。


このトールペイント用の絵の具は布に描いても洗濯に耐える。


トールペイント用の絵の具に布用バインダーを入れて固くするとシルクスクリーンでも刷ることができる。


アクリル絵の具だけよりも布用バインダーを入れると風合いが柔らかく乾いた時のゴワゴワ感が少なくなる。
理想科学の布用バインダーは経年変化に強く1000CC入で3000円ぐらいなので買っておくと便利である。