毎日やっていると手も慣れて失敗も少なくなるが、思い出したようにやるとなかなかうまく出来ない。
Tシャツ作りもその一つである。


フリーハンドで描いた試しがきが良く出来たとする。


そこに赤の布用インクでロゴも刷ってみたところいい出来栄えではあるが、同じものを失敗なしにTシャツに描くことができるとは限らない。


その様なときに良い方法がある。まず、布の裏に接着シートを2重に貼り付けて適当にくり抜く。


Tシャツのどの部分が良いか試しに置いてみる。気に入るまであちこち置いてみる。直書きだとこうは出来ない。


位置が決まったら離型布を置いて体重をかけながらアイロンで熱を十分かける。


出来上がり。この方法は少し硬くなるが失敗の心配をせずに済む。


もう一つやってみる。四角い布の切れ端に水墨画風なオタマジャクシのようなものを描く。


アクセントに赤い布用インクでロゴを入れる。


少し大きめにカット。


貼る場所の兼ね合いでさらにカット。


仮置きをしてから、熱と圧力をかける。


出来上がり。

布によってはフリーハンドで描くのが難しいものもあるが、この方法だと失敗もなく安心して作ることができる。貼り付けるのは接着シートより手縫いのほうが剥がれないし風合いも良い。

大量生産ではなく自分のオリジナルサンプルを作りたいと思われる方はぜひこの方法も試されてはいかがかな。手作りの1点ものの良さが溢れている。付加価値も大きいはず。自分のブランド作りの第一歩はこれに限る・・・と・・思う。何しろ失敗しても被害は最小で済む。

この方法で作ったTシャツも、GIGAZINEのOFF会に展示します。OFF会だけでは物足りない方は後日、私のアトリエに来られても構いません。但し日にちは第三水曜日の1時からに限ります。私のアトリエでは、シルクスクリーンが直ぐにできる機械も置いてあります。

OFF会に参加されたい方は今からでもいいので、GIGAZINEまで。
<b><a href=”https://gigazine.net/news/20190615-gigazine-cafe-20190714/” target=”_blank”>GIGAZINEのオフ会「GIGAZINE・CAFE」2019年7月14日(日)開催申込はこちらから – GIGAZINE</a></b>