今まで横目で見るだけで買ったことのなかったマグロの目玉を、今年のゲテモノの締めくくりとして食べてみることにした。


目玉をグリっとくり抜いたもの。脂身が多い。さぞかしDHAが多いのだろう。


ひっくり返してみると目玉。


魚の眼をこんなにじっと見たことはなかった。人間の眼とはぜんぜん違って、瞼も睫毛もない。体の両側についている目で見たら、一体どんなふうに見えているのだろうか。


ガスレンジの魚焼き器で塩焼きにする。初めての魚は焼くことにしている。煮付けにすると魚本来の味がわからなくなるからである。


魚屋で一番大きな目玉を買ったので中まで焼けるのか心配である。


9分でこれぐらい。


あと2分焼いたら火がついて燃え始めたので慌てて取り出す。


ちょっと食べてみたらとろっとしていて真に美味。塩でも醤油でもいける。


少し中の方から血が出てきた。


目玉の周りは全て食べ尽くす。


目玉の中はまだ火が通っていなかったし、かなりグロイのでこのへんで食べるのを終了した。

マグロの目玉は、食べてみるだけの価値はある。これと同じようなおいしさのものは知らない。

調べてみるとマグロの値段は地域によって大きな違いがある。近くにマグロをあげる港があればものすごく安いし、通販なんかで買うと高い。1個50円から1000円までの開きがある。又自分ちで料理しないで割烹料亭なんかで食べると1個数千円もする。今日はなんだか得をしたような気持ちになった。