「近頃暖冬で、私達なかなか地表に降りられないわ。」
「下界のクリスマスをみたかったなあ。」


「暖冬は景気よくないんだって。」
「夏はカンカンに熱く冬はビンビンに寒くなくちゃ物が売れないんだね。」


「わたし、雪になりたてでよく分かんない。」
「温度が高いと、雪はあっという間に溶けてしまうのよ。みぞれになんかなったら悲惨だわ。」
「地上に着くまではこのままの姿でいなくちゃ。」


「ぼく、もっと北の方に行こうかな。」
「北国の方は粉雪ばかりで、私達のような牡丹雪はお呼びじゃないのよ。」


「暖冬だろうと、地球温暖化だろうと、わたしたち牡丹雪の美しさは雪の中ではナンバーワンよ。」
「きっとお正月になれば会社や工場がお休みになるから気温がぐっと下がるよ。」
「そうしたら、わたしたちはボタン雪の舞を舞いながら地上にふわりふわりと降りてゆくのね。」
「短い一生だけれど、地球上で一番美しい時を過ごせるよ。」