次から次へと目新しい野菜が登場する。名前も洒落ているが、覚えられそうにないものが多い。スティック・セニョール、ブロッコリーニなどの名前で売られている。


くまモンのキャラクターが印刷されているだけで買う人もいるだろうな。兎に角目を引く包装紙である。


「夢未来」、「水と森の都」、「くまもと野菜」のキャッチコピーもよくできている。


アスパラガス風の新感覚野菜の茎ブロッコリーで、煮崩れしにくく色んな料理に使えるらしい。


茎の部分が長くなったブロッコリー。ブロッコリーとかアスパラガス、ホウレン草の茎(くき)の部分はプリン体が多いと云うがこの茎ブロッコリーも多いのだろうか。


先端の部分はちょっと小さめのブロッコリー。


長くて鍋に入らないので半分に切る。


熱湯でさっと茹でる。


ビタミンC,ビタミンAに富み、繊維質も多い。その他にカリウム、カルシウム鉄分なども含む。


茹で上がって試食してみると、意外と美味しい。アスパラガスとブロッコリーの良いところをとったような野菜である。シャキシャキしていて甘みがある。サラダにも肉料理にもよく合いそうである。

ブロッコリーよりも数段美味しい。ただ、ブロッコリーよりも値段が高いのが悩ましいところ。人気が出て生産量が増えることを願う。