大きな大根が並んでいたが、その中でも目立ったミツマタ大根。デジカメを取り出してパチリパチリ。近頃なんでも写真を撮るくせがついてしまった。


このまま上手く皮を剥いてふろふき大根にしてどーんとお皿に盛って食卓に出したら楽しいだろうなあと勝手に想像しながら買うべきかどうか迷っていた。黒豆で目をつけて人参の赤い口を置いてみるのもいいと。


3人家族で食べるのだから、丁度いいかなと思ったりもした。


値段の付け方がまた面白い。どうも重さでつけているような気がする。見かけは全く無視状態。

ほとんど買う気でいたが・・・


なんの気無しに裏返してみるとこの通り。割れ目の中まで汚れている。それなのにどれよりも高いなんて納得がいかない。


結局傷の少ない大根を買って帰った。家に帰って料理しながら「あのミツマタ大根はどうなったのか。」なんて気になって仕方ない。今更気にしても仕方ないが、ひょっとしたら誰も買わないので捨てられたのか、そんなことなら私が買うべきだったとか、未練がましい自分に嫌気がした。

今年は暖冬で野菜が安い。おかげで野菜たっぷりの健康的で美味しい食事を食べていたらすっかり忘れてしまっていた。ただせめてミツマタ大根さんのことをブログに書いて残しておくことにした。