携帯のウェットティッシュ用のフタを100均で見つけて、「これは無用の長物なのでは?」と悩んだが、まあ、100円だしと思って買って帰った。


色んな詰替え用のウェットシートの透明のPPの蓋は、境目がわかりにくい上に元通りにピタッと貼れないこともある。このイラつく問題が解決するのはいいけれど、なんだかフタがでっかくてかさばりすぎるような気もする。


細々と説明が書いてある。こういうのをじっくり読まないのでいつも失敗してしまう。


表側から見るとトイレの蓋に似ている。


裏から見ると何やら段々が何重にもなっている。このへんで少し引けてしまった


蓋を開けるとこんな具合。


シートの外袋の出し口の大きさによって、指し口の部品が大小2つある。


このウェットティッシュも100均で買った。最近、こんな除菌シートも見かけるようになった。


シートの出し口が小さいので、指し口も小さい方を使う。


出っ張りの出ている方を上にして指し口を押し込む。


出っ張りに上からフタをパチンと押し込むと出来上がり。案外簡単であった。


蓋をした所。頑丈というか大げさというか、下のシート袋より数段立派。人間でもこういうのってある。みすぼらしい恰好なのに靴だけがやたらとピッカピカ。兎に角アンバランスなのだ。


シートを引っ張り出してみると意外と出しやすい。バックの中で携帯用の小さい除菌ティッシュがぐにゃぐにゃになって最後の方になるとゴミのようになる。この立派な蓋を付けておくと、携帯用ウェットティッシュも最後まで立派のままであるし、取り出しが簡単で思いの外重宝している。このフタを考えた人に感謝。

後2個追加で買うことにする。トイレと車用のシート入れに使う予定である。