新型コロナのために政府は追加予算23兆円を決めたが、もともと赤字会計の政府はどこからお金を引っ張ってくるのかというと、国債を売るのである。23兆円の赤字国債の中には、アベノマスク代や、国民一人当たり10万円なんかのお金が入っている。


23兆円の赤字を国民一人当たりにすれば一体いくらになるのかと計算してみる。
日本の人口は1.2368億人であるから、単純に割り算をしてみる。

23兆円÷1.2368億=18.6万円

一人あたり18.6万円になる。
国から10万円もらうと、8.6万円の赤字が残る。
この8.6万円は何に使われているのか。

又しても、国民の借金が増える。国民総生産を上回る借金の額では日本はダントツの世界一である。それでも国がぶっ倒れないのは、国が資産を持っていたり国民がせっせと貯蓄に励むからである。しかし、貯蓄高は世界水準から見ると低い。毎年日本国民の貯蓄高は減少する傾向にある。

2020年3月末時点で、国の借金は過去最大の1114兆円で、1人当たり901万円となる。国は毎年何兆円もの赤字を計上している。これが一般家庭の収支ならば、とっくの昔に破産している。

然るに、安倍首相は国民の税金を自分のポケットマネーのように扱っている。もっとよく考えて有効に使ってほしい。