家にばかりいるとついついYouTubeを見てしまう。それも簡単料理レシピを見ていると、自分でも作ってみようかという気になる。実際に作ってみると、それほど簡単には作れない。騙されたような気になる。その中でも、ポテチップのアルミの袋に卵を加えてロールエッグを作るというレシピに挑戦したが

2回失敗してやっと3回目に成功。結構コツがいる。

ポテティップは、味が濃い目の厚焼きが良い。薄いと出来上がりがぐちゃぐちゃで見た目も良くない。味も薄味の場合は、まずいものが出来上がる。普通以上においしなければこんなものを作る必要はない。卵料理はもともと簡単に色んなものが出来るからである。

こんかいはあじはこいめの「ネギタン塩味」のポテチップを選んだ。

ポテチを実際に食べてみて味と厚さがしっかりしたものを選ぶ。1回目は色んなチップを試してみたが、コーン味はまずかった。

卵に人参の千切りを加えて、業務スーパーで買ったケイジャンスパイスを入れてさっと混ぜる。あまり混ぜると卵の腰が無くなる。更に好きなハーブ類を加えても良い。

袋に卵2個分を入れてポテチを半分ぐらいにしてちょうどひたひたになるようにする。チップは少し形が残っている方が良い。千切りは袋の中で揺すると縦に並ぶので後で切った時きれいである。

袋はクリップで止めておいたほうが均一に熱が通る。完全に密封すると爆発するから蒸気は逃げるようにしておくこと。


鍋は結構おおきなものを必要とする。中火で20分ぐらい加熱する。15分ぐらいだと部分的に半生でチップもグニュッとしていて気持ち悪い。タマゴの中にミルクなど入れると、チップが水分をすって食感が悪くなる。


袋を開けたら上まできちんと固まっているかどうか確かめること。ポテチのアルミの袋から出す時は、見事にするっと出るので感心してしまった。


1センチぐらいの厚さに切ると食べやすい。今度は美味しく出来上がったので夕食の1品に加えた。マヨネーズやケチャップをかけても美味しい。


切って見ると千切りの人参の断面が揃っていてきれいであるが、ポテチはそれほどでもないが、厚焼きでこれぐらいだから薄いポテチの場合はぐちゃぐちゃになる。

後で本当のじゃがいもを使って袋だけを利用して作ってみた所、10倍ぐらい美味しかった。結論から言うと、必要なのはこのポテチのアルミの袋だけであった。