T-バッグのお茶のダシガラが毎日出る。今までこれを何の疑問も感じないで捨てていたけれど、ステイホームで、ゴミの減量を考えてみたところ、毎日出るゴミというものは1年単位で考えてみれば大変な量になる。


紅茶、緑茶、ほうじ茶、ブレンド茶、ルイボスティー、コーヒー、ハーブティー等、お茶類のガラだけでも毎日いっぱいでてくる。これを乾燥させてみた。大体1日でカラカラに乾燥する。


袋を破って、ポリコップの中に入れる。


青梗菜(チンゲンサイ)の真ん中の小さい芽の部分の根本のところにこのチャガラを敷き詰めて毎日干からびない程度に水をやっていると、初めは黄色くて小指程度の葉っぱがだんだん大きくなってきて一寸感動した。


1週間もすると10センチぐらいの立派な葉っぱに育った。どこまで育つかわからないけれどもう少し育ててみようと思う。限界かなと思ったところで食べみることにする。

今まで捨てていたものから、水と日光だけで育ったので複雑な気持ちである。わざわざ観葉植物を買ってきては枯らしてしまうことを繰り返していたのが本当に愚かしく思えてくる。

コロナのおかげで色んなことを見直すきっかけになったようである。