近頃、縫い物をするのが面倒になってきた。


このマスクはウイルスを99%防御するスグレモノ。病院へ行くときはこれを使うことにした。


しかし、このマスクの形が問題なのである。


なんだかカモノハシか、アマビエに見える。


ファミマで買っておいた「針、糸がなくてもOK!裁ほう上手」という強力接着剤を思い出して、早速使うことにした。


このスティック1本でズボンの裾直し2着分らしい。アイロン不要で洗濯OK!
スティックのりを塗って貼り合わすだけという簡単さ。


ボンドを作っているコニシ株式会社が作った。


接着部分に油やゴミが付いていてはきれいに貼れない。


見た目は普通のスティックのりといっしょ。


貼り付ける両面にスティックのりを塗る。前もってテストをしたが、薄く塗るだけで張り合わせることが出来る。


クリップで留めてのりが乾くまで待つ。洗濯可能なのが24時間後だということなので1晩置く。


朝見るとぴったり接着されていた。引っぱってもも取れない。


カモノハシには見えないが、アマビエにますます似てきた。
まあ、ひと回り小さくなったので少しは目立たないのでいいとしよう。

このスティックは、なかなかのスグレモノ。今まで布の接着剤が色々でたけれど、一寸引っ張ると剥がれてしまったが、このノリは、かなり強力である。後は何回ぐらいの洗濯に耐えられるかである。

ただ、このスティックのり1本で300円ぐらいなので、値段も強力。