レジンで作ったパーツで作品を作る。


透明な部分が多いので下地が透けて見えることを考える。


上に置くパーツの形を考慮して下地を作る。


同じような形が背景にあると遠近感が出る。


記憶の淵から浮かび上がったとぎれとぎれの思い出。


一つ一つのが輝いて思い出される。


過去の記憶が現在の自己の存在感の礎か。

歳を重ねるごとに思い出は輝きを増していく。未来は日毎に霞ががかかっているというのに。こうして昔語りを繰り返す年寄になっていくのか。