近頃、スーパーや薬局で、常時マスクが品切れということはなくなってきた。値段もほどほどである。しかし、又なくなってはという不安から買い物に行くたびにマスクを買っているような気がする。


先日もスーパーの入口に並べられたマスクの箱を見て、「99%カット」という赤文字が目に飛び込んできた。近頃では買い物はできるだけ早く済まそうと商品をあれこれ吟味することはない。もちろん即買いである。


自宅に帰って、マスクの箱を見て、ふと疑問が湧く。99パーセントカットなら、サージカルマスクではないか。しかし、そんな表示はない。


対象は、「かぜ、花粉、ホコリ等」となっていてウイルスとはどこにも書かれていない。


99%といういうのは、透過性試験測定値によっていると書かれている。その下に、「BFE(細菌を含む飛沫の濾過率)、PFE(微粒子捕集効率)」と書かれている。

ということは、細菌の飛沫とか、微粒子というのはでかいのである。ウイルスとは比較にならない程のでっかい塊である。そりゃ、簡単に99%カットできるはず。


もう一度よく見ると、朱と白で書かれた「99%カット」という表現の左に、白地にブルーで「ウイルス飛沫」と書かれている。色のコントラストを考えるとできるだけ見落としそうな弱さである。

これは偶然か、意図的かと考えると、99%意図的ではないかと思う。


中に入っているのは普通のポリプロピレンの使い捨てマスクである。
しかし、こういう買い物をすると後味が悪い。


その前に買ったマスクをもう一度よく見てみる。一番はっきりと目に帯びこんでくるのは「不織布マスク」という文字である。これは多分普通のマスクだと思って買ったものである。


しかし、これもよく見ると「飛沫ウイルス・花粉99%カットする」とかかれている。

ただ、「99%」の文字は白地にブルーでコントラスは弱い。しかし、良心的な商品表示とはいいにくい。誇大表現でもなく、嘘偽りが書かれているわけでもなく本当のことを書いて何が悪いと居直られれば返す言葉もない。しかし、紛らわしい表示をして消費者に勘違いをさせて買わせようとするのは問題である。

こういう紛らわしい商品表示はやめるべきではないか。厚労省はこのようなマスクの表示を許すべきではない。マスクの表示の原則を規定してほしい。防じんマスクには、3,2,1の品質表示の区別があるのでよく分かる。厚労省のページにはサージカルマスクの規定は書かれているがその他のマスクに関しては何も触れられていない。ガーゼマスクを配布する政府であればそんなものかもしれないが、この機会にもう少しマスクに関しても考えてほしい。来年は何が何でもオリンピックをやるというのなら尚更である。