ジャンボなめこを初めて見た。普通のなめこの5倍以上のジャンボさである。


岐阜県の飛騨高山産「飛騨ジャンボなめこ」。天ぷら・ホイル焼き・バター炒めなどにということである。


本来のなめこの歯ごたえと旨味に近づけることが出来たそうである。


生産は農事組合法人「なめこファーム飛騨」。


どうして食べようかと迷う。香りは従来のなめこと同じ感じ。


洗わないでキッチンペーパーで木くずなどを除いて、ばらばらにする。


一部はバターでホイル焼きに。


アルミホイルにバターをひいて塩をふりかけ、チーズとピーマンを加える。


ホイル焼きの間に、オリーブオイルで粗挽きハムと紫玉ネギをクミンで炒める。


そこへピーマンとジャンボなめこを入れて更に炒める。


最後に塩コショウで味を調える。さっさとしないとなめこの良さが消える恐れがある。
試食した感じではなかなか美味しい。普通のなめこではこうは行かない。


バターも無塩バターなので、ホイル焼きの方は塩を多めにかけるべきであるとわかった。
こちらの方のなめこは歯ごたえがよく、きのこの食感と旨味が勝っているように思えた。