2020年のハロウィーンは10月31日の土曜日である。今年はコロナで、人の集まるイベントは見送りとなっている。
ワクチンもなかなか思うように完成しない。ここは、やはり魔除けのハロウィーンをするべきである。


毎年少しずつ集めたハロウィーングッズをあちこちから集めてまわる。


今年はハロウィーンリースを作る予定である。材料は少しずつ集めたので後は組み合わせるだけである。材料は約2倍ぐらい集める。多めに材料を用意しておかないと、妥協の産物が出来てしまう。


かぼちゃのグッズもいつの間にかたくさんになっている。リサイクルショップでハロウィンが終わる11月頃から集め始めると思わぬ掘り出し物が手に入る。


髑髏と骸骨は自作したものも多い。南アメリカの死者の日の骸骨の人形を見てから、今までドクロを気持ち悪いものとみなしていたのが180度の価値観反転が起こって、可愛くて親しいものとなってしまった。

西欧やアメリカの骸骨は陰鬱でどろどろしていて気持ち悪い。宗教観の違いなのか。

毎年、ハロウィンの絵葉書を作るために色んな組み合わせで画像を作っている。今は、アマビエの写真集の撮影をしているので道具が揃っていてすぐにとりかかれる。明日から始める予定である。