100均でフェイスシールドをみつけた。フェイスシールド自体ウイルス遮蔽効果はあまり期待していないけれど、好奇心から買って帰った 。


眼鏡の上から装着できるということである。更に、頭部に隙間があくので曇りにくいらしい。


透明フィルムが2枚とメガネフレーム型の固定本体。


フィルムは両面薄いシートで覆われているので不透明である。


耳にかける部分にフィルムを固定するようにしてある。どの部分が何の材質でできているのか明示されていないので、耐溶剤性の消毒はやめたほうが良い。アルコールで溶けることがある。PETはポリエステル、PCはポリカーボネイト、TPRは熱可塑性エラストマーのこと。


例によって中国有限公社の合格印が押してある。


フィルムのカバーはセロテープを貼って剥がすと簡単に剥がれる。2枚しか入っていないが、消毒しながら使えということなのか。2年間使えると書かれてあるが、恐らく紫外線で劣化する年月なのであろう。


メガネフレームの様なものに透明フィルムを固定してみたが、作業は簡単にできる。


上から見てみるとメガネフレームとフィルムの間が大きく空いている。これってウイルスの飛沫も遮蔽することはちょっと無理な気もする。もともとウルスの飛沫遮蔽効果はあまりないフェイスシルドであるからマスクとの併用は絶対必要。外食の際にマスクを掛けて食事はできないのでこのスカスカのフェイスシールドはなんとなく気持ち的に良いかも。焼き肉を焼いていて引火しないように気をつける必要はあるかな。


このフェイスシールド良い点は唯一着脱がしやすいという1点にある。

しかし、感染者数が毎日新記録を出している昨今、フェイスシールドよりGO TOキャンペーンをやめて外食も避けてカラオケも行かず、ワクチンができるまで、おうちで忍の一字で耐えるしか方法がないように思える。家にこもっている間にパソコンやデジカメの腕を上げたり、資格試験に挑戦したり脳力アップに励むしか無い。