ソース味大好きの私がこの柿の種「お好み焼き味」を見つけたときは遂に出たーッと泣きそうになる。


ソースはあのおたふくソースを使い、マヨネーズでコクをつけているという。お好み焼きの王道を行く取り合わせ。


10月10日記念コラボとして、10月10日はお好み焼きの日と、10月10日は柿の種の日が一緒になったと書いてある。こんな日は、初耳である。私が知っている範疇では10月10日は体育の日である。

試しに「10月10日 何の日」で検索したら、1年中で一番多く52個もの記念日が出てきた。確かに、10月10日はお好み焼きの日であり亀田の柿の種の日であった。
公認される記念日は登録申請が必要で一般社団法人・日本記念日協会で審査承認される必要があるらしい。
一般社団法人 日本記念日協会


原材料名を見ていると、こんなに大量のものを入れなくてはならないのかと驚く。1つや2つ位なくてもわからんのではないかと思うだが・・・


6個の小袋が入っている。1袋130キロカロリー。ピーナッツはいらないのだけれどなあ。


袋の裏表を見ると亀田製菓の力の入れ具合がよく分かる。


では試食・・・確かにお好み焼きの味がする。私にはちょっと甘すぎる感じだけれどまあまあ美味しい。これからも時々買おう。

普通の柿の種はツルッとしているが、この柿の種は何やらぶつぶつがついている。原材料名を見るときっとこれは「お好み焼き風シーズニング」というものらしい。この「お好み焼きシーズニング」の中身にアオサや鰹節が入っているが、これがその正体かもしれない。兎に角、何を入れようと毒でなく美味しければ文句はない。