息子が買ってきたケーキ。振り回してもぶつかっても壊れないケーキだということである。


壊れないというからにはカチコチなのかと思った・・・


しかし、固くはなくふわふわとろとろらしい。


充填豆腐の原理だという。取り出すときの工夫がいる。空気を入れるため側面にナイフを入れてから、フィルムを引っ張ってケーキをお皿に取り出すらしい。


ぴったりくっついている。正に充填ケーキである。


うまく取り出せるか不安であった。


側面にナイフを入れて空気を入れる。この時点で少し側面が崩れる。


お皿の上にフィルムを引っ張って取り出す。この作業は簡単。


フィルムをそっと取り外すが、べったりクリームやソースがくっついているので、ちょっと表面が荒れる。


これが四分の一切れ。端っこだということもあるが、元の形を想像しにくいかな。もう一工夫してほしいというのが本当のところ。
取り出すのにひやひやしたが、味はものすごくおいしい。特にとろとろフワフワの食感はえも言えない。値段も300円と安価であった。

もう取り出すのはやめてカップのままフォークで食べるのもありかと・・・。ただ充填する順番は反対にしなければならいが。