昨日は雪が降ったらしい。家にこもって写真撮影をしていたので雪に気づかなかった。窓にレースのカーテンが引いてあるので全く分からない。毎日天気予報を見て雪が降れば写真を撮ろうと待ち構えていたが、毎回空振りに終わっていた。一度ホコリのような雪が5分ほど降ったことはあったがそれだけである。昨日は天気予報では雪の予報など出ていなかったのに・・・ぷっすんである。


雪は夢の彼方へ飛んで行ってしまった。それをPhotoshopで合成してみることにする。何かしないと気が収まらないのである。


雪の扇を蝶に見立てて飛ばす。


光の彼方へ飛んで行った感じを出すために遠景にも扇を飛ばす。


ブラシツールに雪を作って(これがかなりかかった)、大小の雪を散らす。


雪が均一なのでぼかしブラシでをあちこちにブルーの色をかけて自然に見えるように加工する。

見逃した雪の代わりに、自分で雪を降らして自分を慰める。雪国で雪に悩まされている人から見ればさぞかしばかばかしい奴だとお思いだろう。人とはこんなものだと笑っておくれ。自分でも苦笑いしそう。