マスクをしていると、ペットボトルのお茶が飲みにくい。そのたびにマスクを外すのも面倒である。


そこで活躍するのがこのストローキャップである。


ペットボトルとストローキャプのねじの部分がぴったり合わなければ、水漏れが起こる。


ストローの上部は弾性ウレタンでできているので蓋を閉じるとぐにゃっと曲がって収納される仕掛けである。


キャップ部分とは別に普通のストローが付いている。


蓋を閉じると空気穴も閉じるようになっている。倒れても水漏れはしない。


ストローの部分はペットボトルに合わせてカットすればいい。


こういう状態で使う。


以前に愛用していたストローキャップ。100均のものとは違って下部のストローと一体型になっている。


お茶を入れて持ち歩いていて非常に便利であった。特にコロナが流行ってマスクをかけるようになってからは重宝した。


ただ長年使っていたらペットボトルとストローキャップのねじが緩んできて水が漏れるようになってしまった。


今度はまだ新しいので水漏れは起こっていない。それと下部のストローは普通のストローと取り換えることができる。ストローはペットボトルに合わせて交換できるので便利である。
ストローキャップは、コロナ時代の必需品である。コロナウイルスを20分ごとにお茶で洗い流せば増殖を防げるかもしれないと期待しているのである。