エポキシ樹脂は硬くてタックも出ない。レジンとは違って特別な硬化ランプもいらない。しかし、硬化剤を正確に測る必要がある。台所用の電子計りでは心もとない。エポキシは一度にたくさん使わない場合は硬化剤の量も少量となる。数グラムを正確に測るには、精度の高い電子はかりがあれば理想的である。

又、気温が高いと硬化も促進されるので注意したいが、反面、樹脂の粘度がやや柔らかくなるので扱いやすくなる。レジンの場合は陰になるところの樹脂が硬化しなくて後からタックが出てくる原因になるが、エポキシ樹脂は光は全く関係ないので隅から隅まで化学反応で硬化するから安心である。


皴を寄せた離型氏の上で、エポキシで適当に形を作る。そこに着色したエポキシを置く。今回はピンクとグリーンである。


2色に着色した樹脂の境を自然に馴染ませて、硬化しないうちに、レインボウグリッターや青海波の箔を置く。


上からエポキシ樹脂で覆って滑らかにする。下のガタガタを強調したいときはパール粉を塗って強調してから更にピン止めのパーツを取り付けやすくするためにエポキシで滑らかにする。なお、エポキシ樹脂は、金属によく接着するのでブローチのピン止めを付けるときにも使うことができる。


これは粘着テープの上に箔をつけ、エポキシ樹脂を上から流して硬化させたものをテープからはがして作ったアクセサリーパーツである。


この方法は、いろんなものをエポキシ樹脂で固める時に使うことができる


形ははさみで整えてからネイルバッファーで磨けばよい。初めは目の荒いものから始め、最後に皮のバッファーで磨くとピカピカのつるつるになる。


型を使わないので、一つ一つ違っているのでいかにも手作りという感じが出る。この場合、金色はアルミの金色の箔であるが純金を使えばさらに高級感が増す。

一枚づつになった箔を使うより切り回しと言って正方形の箔の周りを切って集めたものの方が初心者は使いやすいし値段も安い。