以前からガラスの指輪が欲しかったが結構高いので見送っていたが、久しぶりに行ったリサイクルショップで1個300円で売っていた。定価の値札には、3800円と書かれてあったので、赤とブルーの2つのガラスの指輪をを買った。


吹きガラスの指輪をかなり以前に買ったが、玉の替えが付いているもので1万円もした。


金属部分は二つに分かれてガラスの球を取り替えることができる優れもの。
NETで検索してもガラスの指輪は結構高い。


金属の薄い層があるので見た目にゴージャスである。ただこれと似たガラスの指輪が定価で400円で売られていたのが気になる。


ブルーのガラスの指輪は夏用でジーンズによく合う。


見ているだけで涼し気。


もう一つラッキーだったのはサイズがぴったりだったことである。


こちらの赤い指輪をよく見てみると、いったいどうして作ったのか不思議な点が多い。重さからしてガラスであろうが表面のコートをエポキシ樹脂で仕上げているのではないかと思われる。


後ろのつなぎの部分が直線的で何だか不自然でもある。凹レンズで見るといよいよガラス細工ではないような表面処理である。見れば見るほど不思議な出来具合である。それとも最近では陶器の転写技法を応用してガラスにもこんなことができるのかもしれない。

何しろ安かったので文句は言えない。