NET通販で風鈴を買った。今日か今日かと毎日首を長くして待っていたが、やっと届いた。


18本の金属パイプが付いていて、それが風に吹かれてチリリンとなるのを想像するだけで涼しそう。


紐が絡まらないように6本づつ輪ゴムで止めてある。


吊り下げてから下からほどいていくことにする。


中国製は包装が簡易であるが、これは薄紙が破れていて使い古しのものである。説明書も何もない。日本製の場合では考えられない。その代わり安かった。


一番下の6本をほどいてみたら、パイプが触れてチリンときれいな音が鳴る。


18本すべてを縺れることもなくほどいて、部屋につるすことができた。うちわを持ってきて風を送るがチンと少し鳴るだけ。必死で風を送っても大して変わらない。金属棒を持ってきてあちこち叩くと、さすがにいろんな高音が鳴り響いて想像通りの音色であった。しかしこれぐらいの音を奏でるには普通の風では無理である。台風とまではいわないが強風でなければならないだろうし、そうなればひもが縺れて目も当てられなくなりそう。

金属棒でたたきながら考えたのであるが、これは風鈴には向かない。楽器と考えた方が良い。私の雪の作品をムービーにしてこの金属パイプの音を流せばきっとぴったりであろう。そうなれば性能の良い収音マイクが必要になってくる。

大変・・・冷や汗が出てくる。・・・