金属パイプの風鈴の音が余りにきれいに響くので、作品の効果音に使うことにしたが収音マイクがない。一体どれを買ってよいのか皆目見当がつかない。もちろん次男に相談する。


音についてはウルサイ次男は迷わず買うべき収音マイクを教えてくれた。


マイクとスタンドとコードだけ。別売でマイクのカバーも買った。


これが全部。マイク、スタンド、コード、カバー。


スタンドを組み立てる。


同時に録音している音を聞くために、ヘッドフォンも必要である。


マイクの後方にヘッドフォンのプラグの差し込み穴がある。赤いコードはヘッドフォンにつながっている。


マイクのコード端子は、パソコンにつなぐ。


収音マイクで録音してAudacityというソフトで編集して保存する。このマイクは、初級者の最上位だそうであるが、音を録音することはこんなにも大変だとは思わなかった。


何しろエアコンの音や道路を往来する自動車の音なども拾うので、部屋を閉め切ってエアコンも消さねばならない。その上、編集ソフトはまた分かりにくい代物。何となく、いや、はっきり後悔しているが、今更やめるとは言えない。暑さと後悔で頭がぼーっとする。