夕焼けのあくる日は晴れで、朝焼けはその日の天気が悪くなると言われている。しかし、これが100%当たるとは限らない。
私の長年の経験では、東の朝焼けだけでは判断できない。空の全方向の雲の流れと、風の向き、温度や湿度を見なくてはわからない。


NETには、「朝焼けが赤いのは、水蒸気が多いと空気中の水の分子にが日光が散乱されて青い色は届かなくなるが、散乱されにくい波長の長い赤色が地上に届くので鮮やかな赤い空になるからである」と書かれている。西から東に変わっていく天気は地球が反対に動いているからで、季節よってその日の気圧の具合で風の強さや向きも違ってくる。しかし、たいていは西から東に雲は流れ、それにつれて天気も変わっていく。


明け方や夕方の太陽は水平線方向にあり空気の層が厚いのでそれだけ散乱しにくい赤い光が残って空が赤く見えるが、朝焼けの場合は水蒸気の量は多ければ多いほど更に赤い色は鮮やかになる。大陸からの西の冷たい空気と太平洋からの暖かい湿った東の空気がぶつかると水蒸気が凝結して雨が降る。これが南西や北西になったりして向きが変わっていく。


大まかにいえば、春と秋には朝焼けの日は雨が降りやすくなる。菅原道真が「東風(こち)吹けば匂い起こせよ梅の花・・・」と和歌にも詠んだように春先に東風が吹くときは朝焼けは雨というのは当たりやすい。正に西の冷たい空気と東の暖かい風がぶつかって水蒸気ができそれが西から東に移動して雨になる。同じ状態が秋の台風シーズンにも言える。
夏と冬は、夕焼けのあくる日は晴れになりやすい。この時期はかなりの確率で天気は西から東へと変わるからである。


天気というのは局所的である。その上地形も大いに関係してくる。近くに高い山があるとか谷間の町だったりすると話は又別である。天気予報でよく山際ではにわか雨とか言っているのをよく聞くのもそれである。ひどいときは「曇りのち晴れ、所によってはにわか雨」なんて予報もある。之じゃどれかが当たるのだし、と不信感を持つのも当たり前だが、それほど局地的な天気予報を細かく言い当てるのは至難の業である。


長い年月の間に、経験から夕焼けはとか、朝焼けはというおおざっぱな天気を見分ける言い伝えができていったのである。


自然を相手に仕事をしている漁師や農家の人達は、空の状態や空気中の湿度の変わり具合で雨を予想したのである。


アメダスなんかもない昔から、人は雨の匂いがするとか、遠くの音がよく聞こえるとか、雪の匂いだすると言う様に、長年の経験で天気を予想してきた。
コロナで家に閉じこもってパソコンにしがみついている現代人は、空を見上げる代わりに、NET上で天気図と天気予報をを見る。一日に何度となく放送される天気予報に慣れて、わが町の空を見上げる人は少なくなった。