やっと探し出した狐のお面を使って撮影してみた。


左側のお面の方が白くてはっきりとしているので写真写りがいい。


100枚以上も撮って結局使えるのは5~6枚。


自作の絵と組み合わせて画像を作る。これってかなり時間がかかる。


このポーズはいかにも決まっていてお気に入り。着物から下駄まで私のもの。後始末が大変だった。


10号の絵を3枚組み合わせて、らしい空間を作ってみた。


投扇興の画像を撮るのが目的だったことを思い出す。


試合が終わると向かい合って一礼をする。

ここまでの撮影のための準備と後始末と出来上がった画像の編集まで、かなりの時間と作業であるが、出来上がってしまえば何の感慨もない。その直後からもう次の作業のことを考えている。