今年は去年に比べて寒い。少しでも暖かくと思い、電熱ヒーター内蔵の発熱するジャケットをコーナンで買ってきた。


LLサイズなんだけれど一回り小さいらしく値段が安かった(1500円)。


このタイプのものはバッテリーが別売である。


ポケットの中にスイッチがある。


洗濯はバッテリーを外してから手洗いすること。アイロンがけも駄目。


家にモバイルバッテリーがあるので買う必要はない。


ヒーターの発熱効果はだんだん低下するらしい。長時間、強では使えない。


で、実際に使ってみる。この貧弱なコードを見ると余り発熱を期待できない。


充電式のバッテリーにつなぐ。


ポケットの中に強・中・弱の切り替えスイッチがある。


ポケットの裏からコードが出ている。


これがLL寸だとは思えない。L寸というよりM寸に近い。


一体どんなヒーターが入っているのかと電気おたくの息子に訊いてみたら、自分の部屋からぺったんこのヒーターを持ってきて見せてくれた。なるほど納得。


ポケットのスイッチで強弱を切り替える。ブルーは弱である。ほとんど暖かいという感じには程遠い。


緑は中であるが、これでもあまり暖かくない。


赤の強にしたら、まあまあ暖かい。しかし、長時間は使えない。

結論から言うとこのタイプの暖房機器は、あまり効果的ではない。長時間、強で使えないと役には立たない。従来の家庭用コンセントに直接つなぐ電気座布団や電気毛布の方が余程暖かく効果的である。