24時間スーパーに設置してある自販機横のゴミ箱さんを見て、余りのひどさにびっくり。


周りにもごみが散乱している。


自販機とゴミ箱の間にも、ごみを置いて行っている。大体、自販機で買った空き缶やペットボトル専用なので他のものを捨てたら不法投棄で犯罪である。


一体何を思って、入らないのにゴミをねじ込むのか。無理なものは無理なのだから入れてはダメなのだ。

誰も見ていないからなのか、自宅のゴミ箱でないからなのか。公衆道徳の欠如である。

もう入らないからと言ってゴミ箱さんの頭の上にちょこんと置いて行ったのは誰だ。笑っていいのか、怒っていいのか頭のねじが外れてしまいそうだ。アフアフである。


二つ目のゴミ箱さんを見ていると可愛いロボットのように思えてくる。そのゴミ箱さんの目からごみがあふれているのを見ると悲しくなる。これは余りに悲惨ではないか。スーパーの人もこの状態を何とかする気はないのかな。それとも誰もここまで見に来ないのか。24時間営業のスーパーの深夜時間だったから、みんな疲れていたのかな。

それでも、これはヒドイ。許せない!