業務スーパーで、見慣れないものを見つけてたら、竜の目と書かれていて珍しそうなので、兎に角買って帰った。


ドライロンガンと書かれているが、漢字に直せば「乾燥竜眼」となる。煮だしてお茶として飲んだり、スープやお粥に入れたりするらしい。


殻つきのまま乾燥させた果肉は竜眼肉とも呼ばれていて、滋養強壮があると漢方薬に利用されている。


乾燥しているので賞味期限が長い。栄養成分の表示は殻付きなのか、実だけなのかよく分からない。


硬い殻に包まれている。


乾燥しているので殻を割るのにも一苦労。中から干しブドウのような実が出てきた。


乾燥した実の中には、黒く光る大きな種がある。この黒光りする種を竜の目に例えたようである。


大きな種の場合、実はほんの少ししかついていない。この竜眼の種を植えても、亜熱帯性なので本州でではちょっと栽培は無理そうである。日本では沖縄か大隅半島で栽培されている。味は干しブドウによく似ているが、もう少し淡白である。


調べてみたら、生の竜眼の実はこのように白いゼリー状である。レイシに似ているらしいが一回り小さい。
生の方が美味しそうである。生のぶどうと干しブドウの差を考えれば何となくわかるような気がする。