登記簿の原本を床に叩きつけたエムズジャパンの人は私文書毀棄罪になるかな。

エムズジャパンのK氏は、GIGAZINEの編集長が見せようとした登記簿の原本を見るまいとして奪い取ってコンクリートの床に叩きつけた。その登記簿は汚れたが役に立たないと言うほどではなかった。 しかし、この行為は犯罪スレスレ…

表札や登記簿を剥がして持って帰る行為は占有離脱物横領罪か、それとも器物損壊罪か、もしくは窃盗か。

誰でもが、出入りできる状態の建物から物を持っていっても犯罪ではないというのは成立しない。 置いてあるものを所有者に断りもなく失敬するのは違法である。財物が被害者の占有を離れていた場合には占有離脱物横領罪、被害者の占有の下…

駐車場のカーストッパー・その他が山崎の家の中に捨ててあったのは不法投棄か。

2回目の手が滑ったという解体工事の跡をよく見てみると、画像には見慣れないものが写っていたので、もう一度よく見てみると、自動車のストッパーや、丸いコンクリートのようなものもある。 この写真を見れば、ショベルカーの手が滑って…

先日やって来た警察が本物かどうか確かめられず困ったが、本物の科捜研の刑事だった。

近頃本当に疑り深くなってしまった。知らない人を見るとなにか怪しく思えて仕方ない。 先日もインターホンが鳴るのでモニターを見てみたら、サラリーマン風の三〇代ぐらいの男性が、「ちょっと玄関口までお願いします。」という。何の用…

「正しい地上げ」と前代未聞の「犯罪的な前代未聞の今回の地上げ」

地上げと言うと、「悪」という先入観があるが、それはバブルの頃、立ち退きを拒んだ家に暴力団がトラックで突っ込んできたりしたニュースがお茶の間を賑わせたからである。それでも、建物に住んだり建物の所有者には前もって買い取り交渉…

GIGAZINEの編集長が事件現場に偵察に来た建築事務所に行って話を聞いてきた。

日新プランニングが建築の設計を依頼した建築事務所とは一体いかなる会社なのかと、GIGAZINEの編集長は実際にその事務所に赴いた。 編集長が行ってみるとちょうど担当者がお昼ご飯から帰ってきたばかりだったので、話を聞くこと…

日新プランニングの次の一手は、マンションを建てると言って覆いをかけて解体するのか?

4月、一級建築事務所が現場を視察にやって来たらしい。Sさんに名刺を渡して帰っていったが、マンションを建てるためにインフラを見に来たという話だった。 現場を見たのなら、当然登記簿を見たに違いないし、金庫や物々しい立て札やロ…

今日4月17日、日新プランニングに融資した信用金庫に行ってきた。

GIGAZINEへの投稿で、日新プランニングへ融資した信用金庫について調査するようにという助言があった。エムズ・ジャパンの責任者が以前この信金の融資担当だったというものである。 これは人に任せるわけにいかないので、我が社…

日新プランニングの土地の登記が法務省で完了。一部、山崎の土地なんですけれど。

日新プランニングの年商は34億円ぐらいと言うから、さぞかしお忙しいことでしょう。社員6人だということだし。たった14坪の土地のことに構ってられないのだろうけれど、この土地を更地にしないと180坪の値打ちが無くなってしまう…

2回目に来た解体屋さんの会社名が写真から判明した。車のカスタム業者(改造業者)だった。

兎に角、皆さん名前を名乗らないので、どこの誰だかわからない。警察は教えてくれない。手が滑ったと言って、ショベルカーの腕を振り上げて家を破壊したこの解体業者は一体どこの誰かと調べ始めた。 PC20UUで調べると小松のマイク…