思わず手に取る「くったりシリーズのセイウチ」。セイウチを漢字で書くと「海象」海のゾウである。しかし、象の重量感はない。軽くてふわふわもこもこである。


15センチぐらいのキーホルダー型ぬいぐるみは、リサイクルショップではほとんど100円位なのに、くったりシリーズに関しては300円である。


くったりシリーズは、シンプルなデザインと、くたーっとした形状が特徴の柔らかい縫いぐるみである。セイウチ以外では、ウサギ・白くま・いぬ・うし・ぞう・きつね・たぬき・かわうそ・サメ等のぬいぐるみがある。

「AMUFUN」とは、ぬいぐるみや雑貨の開発・販売会社。 「カワイイ」にこだわった商品づくりで、ゲームセンターのプライズ(景品)、オリジナルキャラクター商品の販売を取り扱う。

「株式会社アミューズ」はオリジナルキャラクターの企画制作、LINEスタンプ制作、ぬいぐるみや雑貨を中心としたアミューズメント施設用のプライズの販売事業を展開してい る。


昔に比べてストレスまみれの現代人の心をいやすアイテムなのだろう。


他人事のように言っている私でさえ、思わず買ってしまったのである。


くったりセイウチは、このグレー以外にも、ベージュ色もある。下のおっさん息子は、ふわふわもこもこの可愛い縫いぐるみが大好きで、我が家にはこの類の縫いぐるみがわんさかとある。この勢いに私まで洗脳されてしまった。今では、リサイクルショップへ行くとまず縫いぐるみコーナーへ急ぐのである。完全なビョーキで治療は難しい。もちろん健康保険もきかない。今では、アルコールやたばこに迫る依存症となっている。

いま、血眼になって探しているのが「にょろりんチンアナゴ」と「ガブガブうつぼ」である。