p3740097
何よりもコーヒー好きの私にとって、美味しいコーヒーを手間を掛けずに飲めるといことは至上の喜びなのである。
昔のハリオ・ドリッパーは時間がかかかり過ぎて不評であった。今回のドリッパーはこのフィルターのメッシュをもう少し荒くしたものらしいということで、使ってみようと気になった。

p3740098
ペーパー不要のステンレスフィルター。いいのか悪いのか、まず試してみることにする。

p3740099
コーヒーペーパーは無漂白のものでないと漂白剤がコーヒーに溶け込むということなので、それではと、この紙不使用・金属フィルターのドリッパーを買うことにしたのである。

p3740101
フィルター部分と台座は取り外しができる。これならきれいに洗える。

p3740103
かなりどっしりとした作りである。白と黒があったが、珈琲の色で白のドリッパーは薄汚くなってくるのではないかと黒の方にした。

p3740104
角は全て丸く全体的にきれいな曲線で構成されている。

p3740105
底の方から見たところ。

p3740106
UFOや、人工衛星を連想させる。

p3740107
カップの上に置く。

p3740113
お店で買ってきた中目(細)のコーヒー豆を入れる。

p3740118
お湯を注いでカメラを構えたら、もうすべて濾過されたあとであった。
急いでこれを何回繰り返しても同じ。要するに、あっという間にお湯は、コーヒー豆とフィルターを通り抜けていくのである。
ということは、藤岡弘がいつもやっているようにお湯はゆっくりと糸をひくように入れる必要がある。湯沸かしジャーからお湯を注ごうなんて言うのはとんでもないことである。

これは別名、「瞬間フィルター」というのは大袈裟なのかな。

p3740119
出来た珈琲を先ずは、ブラックでいただく。・・・・・・思いの外美味しい。金属臭なんかはまったくない。家族二人の感想も「良い。美味しい。」であった。
ただカップの底に細かいコーヒーかすが残る。このコーヒーカスまで飲むと胸焼けするので飲まない方がいい。ということは豆は中目の荒いタイプに挽くことである。
然るに、お店の挽き豆は、中目の細かいタイプ。このフィルターを上手く使うには、コーヒーミルが必要ということらしい。若しくは、お店で挽いてもらうことである。

結論から言うと、このハリオの金属フィルターは「気の短い人向きフィルター」ということになる。ただ、あとの豆カスの始末は紙フィルターのようにぽいとは捨てられないのが、ちょいと面倒ではある。

前言を言い直す。
この金属フィルターは、「気は短いが掃除好きな人向きフィルター」ということになる。確かに私向きではある。いい買い物であった。