p3380792

p3380794
フレーム中央穴の所にリミットスイッチのケーブルを通すようになっています。

p3380796
日本のコンセントでもそのまま挿して使えるようです。
またアウトプットは12V6Aなのでホットエンドを温めることは十分にできそうです。
ホットベッドを別に付ける場合は別に電源が必要と説明してありました。

p3380797
ネジは100円均一の仕切りケースでまとめていたほうが組み立てがスムーズに進みます。

p3380798
まず最初にリミットスイッチの組み立てですが射出成形の部品とリミットスイッチをネジで止めていきます。

p3380799
射出成形の部品はバリがついたままになっていたり穴が塞がっていたりするので、四つ目きりやニッパーなどで除去しましょう。

p3380800
きりがない場合は付属の六角レンチでも力を入れれば一応抜くことが出来ます。

p3380801
このように射出不良の部分を抜くことが出来ますが余りお薦めしないので工具を使ってバリなどを抜くようにしましょう。

p3380802
バリを少し取ってからM3✕10ネジを押し込みます。

p3380803
六角レンチで回しながら押し込むと残りのばりもきれいにとれます。

p3380804
四角ナットを軽めに締めます。

p3380805
リミットスイッチの取付部品と四角ナットの間は3mm程度開けておきます。

p3380806
リミットスイッチにM2.5✕16ネジを取り付けます。

p3380807
このようになれば大丈夫です。

p3380808
横から見るとこのようになり、

p3380809
斜めから見るとこのようになります。

p3380812
このように3つ同じリミットスイッチ組み立て部品をつくります

p3380813
リミットスイッチの端子先はフレームの穴に通さないといけないので、このように何も繋げず置いておきます。

p3380815
先程作ったリミットスイッチの部品を一番長いフレームに取り付けます。
リミットスイッチの位置は上方から5cmの位置に取り付けます。
M3✕10のネジは軽めに締めておいて後から位置を調節できるようにしておきます。

p3380816
この時リミットスイッチのスイッチの方向を揃えておきます。
また上方から5cmの位置に全て揃っているかこの時にしっかり確かめておきましょう。

p3380818
上方から5cmの位置に取り付け終わったらM3✕10のネジをしっかり締めます。

p3380819
このように同じ部品を3つ作ります。

p3380820
先程のリミットスイッチのケーブルをフレームの上方からフレーム中央の穴に通します。

p3380822
横から見るとこのようになります。

p3380823
フレームの下方からこのようにケーブルを取り出します。
フレームの中でケーブルが引っかかった時には無理に引き抜かず断線防止の為ゆっくりと引き抜くようにしましょう。

p3380825
フレームの上方から見るとこのようになり、

p3380826
フレームの下方はこのようになります。

p3380828
このようになれば大丈夫です。

p3380829
次にリニアガイドをフレームに取り付けます。
リニアガイドはプーリータイプよりも滑らかに動き精度が出るそうです。

p3380830
一番の両端部分と両端から7番目の部分にM3✕8ネジ4つをそれぞれ取り付けます。

p3380831
裏からM3のT字ナットを取り付けます。
この写真では取り付けにくかったので口も使っていますがもっと良い取り付け方法があると思うのでそれぞれ工夫して下さい。

p3380833
M3のT字ナットを取り付け終わったら先程のリミットスイッチを取り付けたフレームの下方からリニアガイドを入れていきます。

p3380835
リミットスイッチの部品とリニアガイドがピッタリ合うように押し込みましょう。

p3380836
横から見た時に時リニアガイド端の出っ張りとリミットスイッチが干渉するようならリニアガイドの出っ張りを削るか、リミットスイッチの取り付け位置を少し調整しましょう。
干渉したまま組み立てるとリミットスイッチが動かず印刷できません。

p3380838
今回は干渉部の上にリミットスイッチを乗せてリミットスイッチのネジを締め直しました。

p3380839
締めなおす時はリミットスイッチの取付部品を持ちながらネジを回すと5cmに調整した部品をずらすことなく取り付けることが出来ます。

p3380840
このようになればガイドフレーム部分は完成です。

p3380842
ガイドフレームと下部フレーム部分を取り付けるためにM4✕10ネジを下部フレームに取り付けます。
この時ネジの裏からM4の四角ナットを軽めに締めておきます。

p3380850
フレームの下部に開いている穴にリミットスイッチのケーブルを通し、

p3380851
続いてモーターの近くに開いている穴にケーブルを通します。

p3380852
通し終わったらリミットスイッチの端子先にコネクタを取り付けます。

p3380855
これらの処理が終わってからM4✕10ネジをきっちり締めます。

p3380857
同様に残りの2つのフレームも同じ作業を施します。

p3380858
このようになればここまでの作業は完了です。

p3380859
今度は上部のフレームにM4✕10ネジとM4四角ナットを取り付け、軽めに締めておきます。

p3380860
また、上方フレームの下部からM4ナットを入れて、

p3380861
M4✕25ネジにM4用のワッシャーを入れ上部フレームの上方側から差し込みます。

p3380862
レンチできっちりM4✕25ネジを締めます。
このネジは上部フレームの落下防止のネジだと思うのでこの時点できっちり締めても大丈夫です。

p3380868
先程組み立てた下部フレームと上部フレームを接合します。

p3380869
近くで見るとこのようになっています。
ここでリミットスイッチのケーブルに過度なテンションが掛かっていないか注意しましょう。
もし過度なテンションがかかっているようなら一度分解し調整します。

p3380871
最後に先程軽めに締めたM4✕10ネジをしっかり締めます。

p3380873
上面から見るとこのような感じで、

p3380874
斜めから見るとこのようになっています。

p3380876
全体はこのようになります。

p3380877
続いてホットエンドに移りますが組み立て済みなので左の予備部品は使いませんので箱の中などに直しておきましょう。

p3380878
Z-Probeと呼ばれる自動で誤差を修正する機構はノズルと一体型になっておりなかなか良い設計だと思います。

p3380880
下のノズルを押すと

p3380881
リミットスイッチが上がり印刷面がどのように傾いているか制御基板に伝わる様になっています。

p3380883
続いてリニアガイドとホットエンドを取り付ける部品を組み立てます。

p3380884
この部品もやはり穴などにばりが残っており、四つ目きり等で取り外す必要がありました。

p3380889
またアームのボール部分の穴と取り付け器具のナット入れそれぞれM3✕20ネジとM3ナットを取り付けきっちり締めます。
M3ナットは取付時に飛び出しやすいので親指で飛び出さないようにしておきます。

p3380893
M3ナットの穴にM3✕20ネジが入ったらすぐさまレンチで取り付けましょう。

p3380895
このようになれば完了です。

p3380896
この時M3✕12のネジは4つの穴に取り付けておかなくても大丈夫です。

p3380901
この時にM3✕12ネジを4つ取り付ければ大丈夫です。

p3380906
取り付け器具の上にリミットスイッチ調節用のネジ穴が開いているので後から調節をしたい人は、M2.5のネジを入れておくと良さそうです。

p3380907
上から見るとこのような位置にネジ穴が開いています。
ここでリミットスイッチがネジ穴と逆なら付け替えましょう。

p3380909
前回の中華デルタプリンタはモーターケーブルが取り外し可能だったのですが今回のモーターは一体型のようです。
一体型にも利点があり、端子が3Dプリンター本体に踏まれてもケーブルが曲がるだけで端子が破壊されません。

p3380912
続いてキャリッジ部分にベルトを付けていきます。

p3380913
ベルトは最初から3本に切ってありました。
なので、このようにベルトを取り付ければ大丈夫です。
ベルトを取り付ける際の注意点はベルトを弾いた時にビンと張っているような音がすれば大体きっちりベルトが張れていると思います。
どうしても心配な人はatHandTuner Wearable Tunerなどのギターチューニング用のソフトで全体のベルトの張りが同じか確認しましょう。
逆にベルトを引っ張りすぎると断裂したりするので張りすぎにも要注意です。

p3380914
だんだん組み上がってきました。今回はここまで。