こんなに役に立つ本はなかった。ダントツである。


絵を描く時の参考だけではなく、実際の病気を確かめたり、テレビで、医療関係の事柄を扱っているときなど、人体の部位を確かめるときには便利である。


体の中を見てみようというこのページの場合・・・・


実際にめくって中を見ることが出来るのである。


「骨格と脳と神経」の場合。


肋骨の下はどうなっているのか覗くことが出来る。


頭蓋骨を裏側から見ることも出来る。


歯の中も分かる。


「筋肉の働き」


顔面を剥がしてみるのはちょっとグロいかも。


「血液と呼吸と生殖」


複雑な血管もなるほどとよく分かる。


肺の中もこの通り。


赤ちゃんもこうして育つ。


「消化器と泌尿器」


今回、胆のうが痛くなった時は、このページで確かめた。月曜日に胆嚢の手術を受けた。痛いし、しんどい。


私の持っている絵本の中で一番役に立ったし、これからも役に立つ絵本である。