クッキーはカロリーが高い。同じことなら、美味しいものを少し食べるほうが満足する。
値段が手頃で、美味しい業務スーパーのクッキーは、何と言っても「パレットブルトンヌ」。


フランス直輸入、バター24.5%。それにしても海外のお菓子は添加物が殆ど無いので、安心して食べることが出来る。


二袋に分かれている。1袋に4枚のクッキーが入っている。


厚さがあり、一枚食べても満足感がある。


こちらの、「バターワッフルは、業務スーパーではかなり初期からあったように思う。


ベルギー産で、バター20%。


カロリーが高い分、美味しいのでこちらも一枚で満足する。


業務スーパーに行くと必ず此のバターワッフルを買って帰る。
これらのクッキーの美味しさのもとは、バター含有量と添加物の少なさではないか。それと噛みごたえがあること。

日本のお菓子類は、歯がなくても食べることが出来るのではないかと思うぐらい硬くない。そのうえ新商品が次から次と発売されて、オリジナルの味というものを大切にしていない。コンビニが新商品を欲しがるせいらしいが、季節限定品といいながら、次の季節には同じものはない。あれは「季節限定」ではなく、「今季限り商品」である。添加物を変えて次から次へと出て来る季節限定品に近頃うんざりしてきた。