USBメモリーがパソコンに刺さっているのが見えるかな。


ちょっと小汚い(息子が幼少のみぎりレゴに絵の具を塗ったので黒くなっている)けれど、レゴの宇宙飛行士も一緒に座ってパソコンをしているのである。


然るに、我が家のレゴ人形はちゃんと座っている。コレが私の夢であったが、勿論こんなことは出来ない。そこで、息子に頼み込んで作ってもらった。


ネットを見ていると、普通はこうであるが下半身はない。ひどいのになると頭から突っ込んでいるのもあった。


パソコンがUSBメモリーをちゃんと認識しているのが分かる。格好だけのUSBメモリーではないことの証拠である。


キャップは外のUSBメモリーのものを転用させてもらった。本体のUSBメモリーについているレゴの部分に関して言えばネットに出ている物より1段小さい。


USBメモリーに直接レゴブロックがついている。


息子が言うには、此の小さなUSBメモリーの先には何もないはずだから、小さな黒いプラスチックのツマミを外してレゴブロックに置き換えただけだということである。


此のレゴのパーツさえついていれば、色んなレゴ人形と入れ替えができる。


このレゴのUSBメモリーは世界一小さいのではないかと思う。ギネスもんだわ。


服の着せ替えのように色んなレゴ人形に変えることが出来る。コレが私の夢だった。


潜水服を着たレゴ人形。


本格的な宇宙服に身を包んだ宇宙飛行士。


ガイコツさんだってある。


これらがばらばらになって箱の中に詰められてあったのを、私が根気よく分類整理して人形たちを生き返らせたのである。


此のレゴ人形は、ただ一人の女の子。今日はこの子をくっつけることにする。
遅い母の日のプレゼントではあるがものすごく嬉しい。

保存