p3730989
魚屋で見つけたコショウダイ。名前よりもその大きさと値段の安さに目が行った。その上、鱗の処理もされていた。
買って帰ってネット検索すると、鯛ではなくスズキの一種。黒い斑点があり、鯛に似ているから「コショウダイ」。
腐っても鯛。40センチほどもある鯛が398円なんてことは腐ってもないと、なぜ思わなかったのか我ながら不思議。
【参考サイト】
コショウダイ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

p3730991
このコショウダイ、大きくなると60センチ程にもなり、かつ味も良いが、寄生虫が着くのが欠点だということである。只、この寄生虫食べても無害である。
コショウダイの難点は、鱗が硬くてとるのが大変なのと皮が硬いこと。切り身にしてあるものは値段が急に上がるらしい。
コンスタントな供給が難しいので店頭に並ぶことは稀で、漁師さんたちが喜んで食するという。
【参考サイト】
これがなけりゃ人気者?コショウダイ へるぞうの御馳走歳時記/ウェブリブログ

p3730993
ガス台についている魚焼きの網の上には乗り切らないので尻尾は切って入れる。見た目は悪いが仕方ない。

p3730992
このコショウダイは厚さも厚い。当たりであった。

p3730994
このようにして塩を両面に降りかけて18分ぐらいじっくりと焼く。

p3730995
ハイ、出来上がり。

p3730996
食べてみると非常に美味しい。只、鯛とは全く違う美味しさ。身は柔らかく骨は鯛ほど硬くないので安心して食べることが出来る。塩焼きにするのが一番美味しいと書かれていたので今回は塩焼きにしたが、次は刺し身に挑戦してみよう。