息子が高校の修学旅行でオーストラリアへ行った時のお土産に頼んだオパールを、見ながらUVレジンで作ったオパール。何度も作り直してヘロヘロ。
やっとどうにか見れるものが出来たかな。この辺でひと休憩しないと、頭に上がった血が気温の上昇とともにパッツンしそう。本日の室内温度は24.7度。これでは夏日だよ。


実物はもう少しきれい。大きさは4センチ✕2センチぐらい。模造宝石ってむずい。


材料から手作り。型は水晶からお湯まるでとった。成功するかどうかわからないので写真はない。写真に撮ったのは失敗。


こちらは、始めの頃から上へ上へとオーロラフィルムの乱切りを積み重ねて作ったもの。


これは、4センチ×3センチぐらい。実物はもう少しマシに見える。
以上の2つがまだマシにできたもの。今は、見ていて飽きない。そのうち、モウイイと思うんだろうなあ。
これから先に、もっといいものが出来るのかもしれないが、今はこれで満足しておかないと・・・。
【関連記事】
KEISUI ART STUDIO | 粘着テープに集めたゴミ素材からオパールを作る。