お正月が近づくと店頭には珍しいものが時々並ぶようになる。今回見つけたものは、ヤングココナッツである。

過去2回ほど大きなココナッツヤシを買ったが、殻が硬くてドリルで穴をあける羽目になった。ココナツファインなんで硬くて食べられたものではなかった。それ以降ココナツは小さくて若いものでなくてはならないと思っていたところ、初めてスーパーでヤングココナツが並んだ。


竹のストローがついていて、ここからジュースが飲める場所まで明示している。よほど今まで文句が出たのであろう。今回は至れり尽くせりである。

外側の硬い殻をむいてあるので内側の繊維質の部分を手でむしってから柔らかい部分を見つけ竹のストローを突き刺せばココナッツジュースを飲めるらしい。

表側を指で押すと固いけれどふわふわした感じである。


竹のストローは硬くて丈夫に出来ている。これならココナッツに刺せそうである。


繊維質の外皮を手でむしるとはいっても私の力では無理だったので、怪力の息子がむしって、柔らかい部分に竹のストローを刺すことができた。ココナッツジュースは濃厚で甘かった。


ドリルやニッパーで更に大きな穴をあけた。内側の白い部分がココナツファインである。


ココナッツファインはスプーンですくって簡単にとることっができた。このココナッツファインを集めて細かく切ったものを混ぜてホットケーキを作ってみた。歯ごたえがよくココナツの香りと味がしておいしかった。