ポーランド産のチョコレート菓子というものをあまり知らない。業務スーパーで探してみたら、「ココナッツホワイトチョコバー」を見つけた。お菓子の外装のデザインは、中央がくりぬかれていて中の金紙が見えるのでちょっと豪華な感がある。


買ったのはココナッツホワイトチョコバーであるが他にヘーゼルナッツ と ラテマキアートがある。
内容量200グラムと言うだけあってずっしりと重い。値段は208円。


100g当たりのカロリーが558㎉と言うからかなり高カロリーである。炭水化物と油脂で全重量の92%を占めている。
200gで11本だから1本当たりのカロリーは約100㎉である。


200グラム入りで11本という半端な数であるが、日本なら重量より本数をそろえるのだろうと思う。


一本ずつ金紙で巻かれている。金色とブルーの組み合わせは豪華に感じさせる。


包装用紙を開くとどれも真ん中やそのあたりで折れていた。やはり外装がしっかりしていないからなのであろうか。外箱の一部をくりぬいたからかもしれない。


断面を見ると何やら粒つぶが練りこまれている。

食べてみた感想は余りにも甘く香料が強すぎる。これほど濃厚にする必要があるのかと思う。日本のお菓子類はこれほど濃厚なものはない。1本試食してみたが、これ以上食べる意欲がわかない。きっと後は甘党の息子の胃の中へ行くのだろうとおもっていたが、いくら経っても減らない。甘党の息子でもこれは苦手らしい。ココナッツの香料が強すぎるという。

香料の分量を間違えたということがあるのだろうか。それとも、ポーランドの人達はこのココナッツの味と香りが大好きなのかもしれない。

NETで調べてみたところ、ポーランド人は総じて甘党だという結論に達した。それとも、日本人は薄甘いものを好む傾向があるのかもしれない。