毎日、和え物を作るのに野菜の千切りを作っているような気がする。これが結構時間がかかる。口当たりにいい千切りを刻むのには集中力が必要である。久しぶりにセリアに行って買い物のついでに見つけたのがこの千切りスライサーである。


大きな箱型のスライサーがあったが結局使わない。こういう調理器具は小さいものがチョコッと使えて便利である。後始末も楽である。


この写真を見て買ってみようという気になった。


刃の部分はこのようになっている。


実際に人参を削ってみると切れ味が悪い。薄く削れるが幅が広いのできし麺状になる。


キュウリは柔らかいのですっすと削れる。中の髄の部分だけ残るが、これだけをそのまま食べても美味しいことに気づいた。


辛みそあえにしてみた。時間的には早くできる。これでもう少し切れ味が良ければいいのだが。

もっと切れ味の良いスライサーを買ってみようかとも思う。