スーパーの棚にたった一つポツンと残っていた黄色のトマトジュース。トマトジュースと言えば赤いものと思っていたので、これはちょっとした驚きである。一体どんな味なのか、好奇心が勝って買って帰る。


スペイン産のイエロートマトで、イタリアのシチリア岩塩使用とありヨーロッパの香りがする。


数量限定とあるからには、レアなのか。
赤いトマトジュースとの違いはすっきりした甘さだと書かれている。


デルモントによると、小粒のイエロートマトは、

「フルーツ感覚のおいしさの黄色いミニトマト。
小粒で酸味が少なく、高糖度で皮がやわらかいのが特色。
皮が口に残りにくく子どもにも大人気です。」ということです。


日本デルモンテはキッコーマン食品株式会社の子会社だということである。


コップ一杯当たりのカロリーは35㎉で、ロウカロリーである。


どんな味なのか試飲してみる。・・・確かにさっぱりした甘さで酸味が少ない。息子に言わせれば、野菜臭さがなくむしろフルーツ系の味がいいということである。息子は非常に気に入ったようである。私は気の抜けたトマトジュースのように思えたが、洋風スープにすればきっと美味しいのだろうという気もしたが、あっという間に息子に飲まれてしまった。